コンサル物語

コンサル物語

コンサルの成り立ち、コンサルの歴史を知りたい人向けにコンサル誕生からの物語を書いてます

MENU

業界リーダープライス・ウォーターハウスも見逃した世紀の大粉飾 マッケソン・ロビンス事件

 1910年代〜20年代に芽生え始めたBig4のコンサル第一幕は1930年代前半に終わりました。Big4はどこもしばらくの間、コンサル事業と引き換えに特権として与えられた監査業務に集中することになるわけですが、一度味わったコンサルの旨味は忘れられず、後に再びコンサル事業に足を踏み入れることになります。これがBig4のコンサル第二幕です。ただし、それが始まるまでに第二次世界大戦の終了とビジネスコンピュータ時代の幕開けまでの15年〜20年待つ必要がありました。

 

 今回から、第二幕開始までの業界の様子についていくつかの話を書いていきたいと思います。

 

 Big4会計事務所は1933年、1934年の銀行法・証券法等の成立により、コンサル事業を手放してもお釣りが来るほどの監査という特権を手にしました。一見するとウハウハのようではありますがそれほど生易しい状況ではなかったようです。

 

 例えばそれは当時の会計士に対する世間の風当たりにも表れており、狂騒の1920年代を謳歌していたアメリカ人は、大恐慌と株価大暴落への怒りの矛先を会計士に向けました。企業業績を見抜けなかった会計士達にこそ責任の一端があるということでしょうか、その不満は訴訟という形で現れることもあったようです。

 

 まだまだ企業側も十分な業績開示をしていなかった時代でもあり、統一した監査ルールもなかった時代でもありました。事態の改善を急いだPWCなどは行政機関とともに会計原則の作成にも多くの時間を費やしていました。

 

 そんな中起こったのがマッケソン・ロビンス社の粉飾事件です。

 

 マッケソン・ロビンス社は元々1833年にニューヨークで設立された薬と酒の製造をする普通の会社でした。90年間ほど創業一家により経営されていましたが、1920年代半ばに一人の男に100万ドルで会社は売却されました。会社を買ったドナルド・コスターと名乗る人物こそ、悪名高いイタリア人詐欺師のフィリップ・ムジカ ※ だったのです。

 

※ フィリップ・ムジカは1877年イタリアで生まれ、7才のときニューヨークに移住しその後リトルイタリーで育った。1938年のマッケソン・ロビンス事件の首謀者として最も知られており、有罪判決がほぼ確定した時には懲役を逃れるため1938年12月16日にピストル自殺をした。(Wikipediaより)

 

下の写真はムジカの自殺を報じる12月17日付のニューヨークタイムズ(一番左の人物がムジカ)

 

 事件の内容を簡単に言うと、架空の利益計上(売掛金)と資産の過大表示(棚卸資産)の帳簿不正事件です。1938年に明るみになるまで多年に渡り粉飾を続け、マッケソン・ロビンス社の会計監査を担当していたBig4最大の会計事務所プライス・ウォーターハウスも見過ごしていた汚点事件です。この事件は会計事務所がパブリックからのコメント・批評・判断を受けた最初の事件でもあり、この事件後には会計事務所が行う企業監査の中身が強化された、というのが一般的な事件の評価です。

 

 コンサル物語でこの事件を取り上げるのは、単にBig4の事件だという理由だけではありません。マッケソン・ロビンス事件によりBig4の仕事の質も変わってしまったという評価もあるからです。それは、粉飾を見抜けなかった当のPWC自身が分析をしています。前掲の『Accounting for Success』から引用します。

 

マッケソン・ロビンス事件は、実際、監査人の仕事の性質を変えました。(中略)マッケソン・ロビンス事件は監査において会計士が確認すべき範囲と内容を拡大し、監査人の内部統制の定義は、監査企業とその事業全体さらには経営方針のチェックまで含むようになりました。 会計システムの監査をするということは、監査人は自らをクライアントの事業運営の診断と問題の解決策を提案する立場に置かれていると考えました。監査改革とともに、会計士によって提供される今日の経営コンサルティングサービスの起源もまた、マッケソン・ロビンス事件が残したものだったのです。

 

 このように、会計士が財務諸表だけではなくその背後にあるビジネス手順までもを監査すべきという変化が起こりました。その結果として、会計事務所はより広範囲で顧客業務の調査を行うようになり、新しいコンサルティングサービスを生み出す機会につながって行きました。

 

■おもな参考文献

『ACCOUNTING FOR SUCCESS』(DAVID GRAYSON ALLEN / KATHLEEN MCDERMOTT著)